ズッロ・ファミリー

1937年、先代ジョヴァンニ・ズッロは最初のぶどうを植え、地元で販売するワイン生産を約束しました。そこから家族総出の会社経営がはじまります。 政府よりぶどう畑を抜根する経済的インセンティブが提示された際、ズッロ家は譲歩せず、ワインマーケティングの将来に賭けたのです。 現在の当主ジョヴァンニ・ズッロJrの母、アントニエッタはお気に入りの孫たちを相手にするようにぶどうの木にかがみ、76歳まで手入れを続けました。 ジョヴァンニは三代目であり、医学部をやめ家業に情熱を向けましたが、それはテヌータ・ヴィリオーネのクオリティの飛躍と成長に大きなはずみをつけました。 現在、彼の子供たち~ラッファエレとアントニシアが受け継いでゆけるよう努めています。