ワイナリー

テヌータ・ヴィリオーネは企業として成長しつづけています。現在、平均標高450mのぶどう畑150ヘクタールで栽培を行い、 代表的な品種はプリミティーヴォ種ですが、ヴェルデカ種、ファランギーナ種、フィアノ・ミヌートロ種、ネグロアマーロ種、 ネーロ・ディ・トロイア種、アレアティコ種、ススマニエッロ種などほかの土着種も栽培しています。また2005年オーガニック栽培・醸造方法の認証を受け、 ワイナリーは近年に建てられましたが増設予定となっています。低温ステンレススチールタンク、スパークリング用密閉耐圧タンク、樽熟成のためバリックルーム、 ボトルの殺菌洗浄からボックスのパレット梱包まで、コンプリートな瓶詰めラインを備えています。年間80万本の生産を誇り、100万本に達することもあります。